蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い・見分け方は?

池などに咲いている蓮や睡蓮は、見た目に似ているのでどれが蓮で、どれが睡蓮なのか迷うところです。

並べて比べれば違っている部分がわかるのでしょうが、片方だけを見て見分けるのはなかなか難しいものがあります。

そんな蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い・見分け方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

蓮と睡蓮の違い・見分け方

見た目で蓮と睡蓮の違いを見つけるならば、一番わかりやすい場所が花のつく場所と葉の形です。

蓮は、水目より高い所に花や葉をつけ葉の形が丸くなっています。

それに対して睡蓮は、水面に浮かべたように低い位置で花を咲かせます。

葉の形状も真ん中から切れ目が入っているのが特徴です。

三和体育 ハンドル(S-7200用) S-7202 <2021CON>

国内発送 早押しアンサー 2個セット その他パーティーグッズ

  • iFace Reflection iPhone 11 Pro ケース クリア 強化ガラス (カーキ)
  • 水面に浮いた葉と水面より高く上がる葉がある。
  • 葉には、撥水性があり、水をかけると水玉になる。
  • 水面より上で花が咲く。
  • 睡蓮(スイレン)

  • 基本的に葉っぱに切れ込みが入る。
  • 水面に浮いた葉のみ。
  • 沼津市マイバック35 100枚x10袋 1000枚での販売
  • 水面で花が咲く。
  • 国内発送 早押しアンサー 2個セット その他パーティーグッズ

    蓮は地中の地下茎から茎を伸ばし、その茎には通気性のための穴が通っています。

    水面より高く花や葉をつけるのが特徴です。

    マーナ (MARNA) 調味料ポット スプーン付き (ワイド / 2個入り) 調味料入れ 収納 (グッドロックコンテナ) 湿気防止 パッキン付 グレー R305GY

    蓮の地下茎は、レンコンとして食用に使われ、実も食用として生食され、トウモロコシに似た食感です。

    花の見ごろの時期は、7月~8月で白やピンク色の花を咲かせ、咲く時間帯は、早朝に咲き始め昼には閉じてしまいます。

    睡蓮(スイレン)の特徴・見頃など

    日本に咲いている睡蓮は、ヒツジグサといわれるものだけです。

    この睡蓮の特徴は、白い花を午後の未の刻頃に咲かせます。

    比較的水位が安定している池などに生息し、水面近くに花を咲かせます。

    葉の形は円形から広い楕円形をしていて、葉の中心付近に葉柄がありその部分から深い切れ込みが入っているのが特徴です。

    葉にあまり撥水性はなく、気孔が葉の表面にあるのも睡蓮の特徴だといえるでしょう。

    フラットソフトモール JEFCOM(ジェフコム) SFM-8509XGN

    INR3000 BIBIO WGATE


    蓮も睡蓮も両方とも水の底の土や泥に根を張ることで生育しています。

    Snoamoo新 デスクトップ pc DDR3 4 ギガバイト 1333/1600mhz PC3-12800S メモリ 240pin dim

    サヌキ LS-733 カウンターブラケット ステンレス 2本セット

    そして、この花の開閉が3日繰り返されたのち花の寿命は終わりを迎えます。

    【TCM153-10S#】TOTO 便ふた・便座取り替えパーツ 05 ZK用便ふた 【トートー】

    池に佇む蓮や睡蓮の姿の美しさは、両方とも見るものを和ませてくれるといえるでしょう。

     

     

    スポンサーリンク

    はずる キャスト ヴォルテックス【難易度レベル6】

    国内発送 早押しアンサー 2個セット その他パーティーグッズ



    コメントを残す